亀泉酒造のラインナップは香り、味がフルーティなので海外受けが良さそう

投稿日:2011年4月1日|投稿者名: 中野 |2920 回閲覧

僕はどうしても日本酒を飲むときは、海外市場に提案する酒探しをするので、やり取りをしているインポーター好みか、どうか?を考えてしまったり、アメリカの友人なら、この味を喜ぶかな?と考えて試飲をしてしまいます。

 

誰かの為に…と探していると、なかなか「これだ」と思う酒を探すのは難しいです。なので、色々と試飲をし続けて、その中から蔵元を探していく必要があります。

 

さて、最近何回か飲んで気に入っている日本酒は、亀泉酒造株式会社さんの「亀泉純米吟醸」です。

DSC03961

ちょっと前に一度試飲する機会があって、その時に海外受けが良さそうな味だなと思ったのと、国内の日本酒はちょっと苦手…とか、初めて日本酒を飲まれる方にも飲みやすい純米吟醸酒です。あまり身近な所で取り扱っている店がないので、インターネットで四国から取り寄よせました。

 

この亀泉という日本酒は何が好きかといいますと、

  • 飲みやすい
  • 香りが良い
  • 味もやわらかい

という感じです。

 

これは正直にアメリカの友達に紹介したい日本酒ですね。海外の人は「SAKE」と言っても、どんなものか?分からないので、あまりトライしない人が殆どなんですね。僕の友達も、純粋に酒を飲むというよりは、酔った勢いで「SAKE COCKTAIL(酒カクテル)」のもうよ!!みたいなノリの人が多かったですね。なので、そんな酒を知らない友達にお勧めしたくなるような日本酒が、この亀泉の酒です。

 

亀泉さんの酒は先日、数種類試飲してみました。ユニークなのは、使用する酵母です。蔵元は新しい取り組みにかなりチャレンジしている姿勢を感じます。また、今回の写真とは別のラインナップでCEL-24という酒があるのですが、これは外国の方、特にアメリカ人に受けそうな味と香りを出しています。ラベルがちょっとユニーク?なので、そういった所をカスタマイズできれば、海外に提案してみたい酒だなと思います。

 

引き続き色々なラインナップを試飲して研究です。