免許に有効期限はありますか?

お酒を販売する免許を取って、新しくビジネスを始めようと思っています。

そこで、素人的な質問で申し訳ないのですが、気になることが1つあります。

 

それは、「免許には有効期限」があるのか?どうか?です。

 

教えていただけますか?

酒類販売業免許に有効期限はありません。

 

一度免許交付を受けた後は、有効期限はもちろん更新手続き等の必要もなく、

半永久的に免許を保有しておくことが出来ます。

 

事業を止める等の事情が発生しましたら、免許の返納(廃業届け)をしていただくことになりますが、それをしない限りはまず免許がなくなってしまうことはありません。

 

「開業当初お酒の販売実績が立たないと取り消されたりしませんか?」

というようなご質問も良くいただきますが、そのような心配はありませんのでご安心ください。

 

但し、免許条件以外の販売を行う等、酒税法違反になるような行為は当然免許取り消しになる可能性もありますので、自身が行う事業に必要な免許をしっかり把握していただくことが、安全かつ適切に事業を運営していく上で大切だと言えるでしょう。

 

例えば良くあるケースですが、一般消費者や飲食店を対象とした小売業でスタートした方が、酒屋さんやスーパー等にも卸すことになった場合には、必要な免許が増えてきますので、条件緩和という手続きを行うことになります。

 

これをしないで卸販売をしてしまいますと、上記の違反に該当しますので、

ビジネスの形態に変化が出てきた際には一度免許条件をご確認いただきたいと思います。

 

なお、免許交付を受け、お酒の販売事業者となりますと、お酒の販売数量等に関する報告義務が発生しますので、その申告だけはしっかりと行いましょう。

 

ちなみに、免許取得後しばらくの間お酒の販売が出来なくても仕方ない面もありますが、2年間全くお酒の販売がない場合には、税務署から酒類販売事業の廃業を進められることもあります。

 

ただその場合でも続ける意思があれば、強制的に取り消されることはありませんので、事情を説明してキッチリ続ける意思をお伝えください。


arrow

■ご担当者様のお名前 (必須)

■メールアドレス(必須)

■電話番号 (必須)

■質問内容

■『確認』にチェックを入れて『送信ボタン』をクリックして下さい。

確認