ネット販売の免許を取得したお客様よりワインを3種類頂きました

投稿日:2012年1月10日|投稿者名: 中野 |3154 回閲覧

ちょっと前にワインのネット販売の免許取得サポートをさせて頂いたクライアントより、お勧めのワイン3本を頂戴しました。実は真ん中のワインは…、以前弊社で輸入卸免許を取得された別のクライアントのワインなんですね。

 

sake_voice_002_3

 

このランブルスコというワインは、微炭酸のワインで、とてもユニークなワインです。シャンパンとは少し異なる感じです。シュワシュワとした感じが、ちょっと味の濃い料理や、油の多い料理でもスッキリとさせてくれます。そして、デザートなんかと一緒にParingするのも相性が良いです。甘さが強い訳でもないので、色々な料理に相性が良い飲み物だと思います。

 

i

お客様のサイト: http://store.shopping.yahoo.co.jp/ispecial/

 

面白い繋がりだなと思うのですが、今回のクライアントがこのイタリアのランブルスコを取り扱う事を決めたのは、当サイトの「お客様の声」ページより、サムインター様のHPを見て、それで取り扱いたい!と思われたそうです。そういった繋がりを創出出来た事は、本当に嬉しい事ですね。実はこの様な話は他にも何回かあるので、僕たちもクライアントの新規顧客開拓にお役に立て嬉しいです。

 

 sake_voice_008_3

sake_voice_008_2sake_voice_008

 http://www.saminter.co.jp/

 

新規で酒を扱うビジネスを始める方が結構困るのが、「集客」「売り先の確保」「営業」などです。商品を仕入れても、売れることが出来ないのであれば、在庫となるだけで儲かりませんよね。儲からないとビジネスを続ける事が出来ないので、死活問題です。

 

特に大量に仕入れるワインの輸入会社としては、売り先が無いのは、とてもリスクが高い事でもあります。コンテナ1つ分のワインを買い付けて、倉庫に置いていても、ランニングコストもかかるし、大金を倉庫に入れているようなものです。早く売って、現金化にして、儲けを作らないと、自分自身の支出を払えませんよね。ですから、商品を買って頂きたいのであれば、マーケティングが重要になってきます。印刷物を使うのもあれば、ウェブサイトを使ったり、メールなんかを使うのも手ですよね。売り先のリスト化も出来れば、マーケティングはかなり効率的になります。

 

ちょっとしたキッカケから、商売に繋がる事もあるので、写真1枚でも、リンク1つでも表示するだけで、商売の入り口が広がります。そして一度商売をし、商品やサービスが良ければ、買ってくださったお客様はリピート客になる訳ですから、ちょっとした入り口というのは、重要ですよね。

 

今回、ワインのインポーターさんと、新規でネットショップを始められたクライアントがマッチング出来たことは本当に嬉しい事ですし、今後もそういった機会を創出出来るように積極的に活動をしていきたいと思います。

 



インターネットを使い、日本酒や焼酎、ワインを販売したい方にお勧めのページ