梅酒のネット販売を専門とするクライアントのプロジェクト

投稿日:2010年11月26日|投稿者名: 中野 |4881 回閲覧

最近、梅酒や柚子酒のような、リキュール日本酒をよく見るようになったと思いませんか?知り合いの蔵元に聞いたところ、リキュール製造の免許が緩和されて、日本酒を造っている蔵元でも比較的簡単にリキュールを造ることが出来る体制が整ったからではないか?という情報を頂きました。確かに良く考えてみると、梅酒は清酒扱いではないので、製造元もその為の免許がないと造れないって訳ですね…。

 

さて、この人気の梅酒ですが、私達のクライアントの中にも「梅酒をメインに販売する」ネットショップを立ち上げたいという方がいます。最初にご相談を頂いた時は、ユニークな切り口だなと思いました。それに、女性やアルコールがちょっと苦手…という方には、こういったFlavored Sakeというのは人気ですよね。

 

相談を頂いて、どうすればこのクライアントが一番効率良くネットショップの開業まで進めるか?を考え、ベストなご提案をさせて頂きました。そして必要な書類や条件も比較的スムーズに揃ったので、通信販売の免許も無事に取得する事が出来ました。

 

こちらがクライアントのネットショップの画像です:

u

 

 

このクライアントが販売している梅酒は、蔵元さんにも色々と協力をして頂き、両者が納得するまで味やパッケージなどを話し合って、商品化した、とてもこだわった梅酒になります。関東や京都の飲食店・バーなどでも取り扱われている酒で、とても好評のようです。

 

梅酒は、カクテルを作る時にも人気らしく、

  • いちご梅酒カクテル
  • パイン(パイナップルジュース)と梅酒のカクテル
  • ブランデーを入れたカクテル
  • アセロラ梅酒カクテル
  • ソーダ割り

など、色々なバリエーションが作れるそうです。

 

よく考えてみると、梅といっても酸っぱい訳ではなく、甘い果実のような味ですので、フルーツ系の味とも相性がよさそうですよね。また、自宅でフルーツをミキサーに入れて、その中に梅酒と氷をまぜてMIXすれば、シャーベットのような甘い、美味しいカクテルが気軽に作ることが出来そうですよね。

 

そういった意味でも、梅酒といのは、バーや飲食店のほかにも、自宅で楽しみたい方向けにも人気が高い飲み物ではないでしょうか。梅酒といえば、大手で有名メーカーがありますが、地酒を造っている蔵元の梅酒もとても美味しい物が沢山あります。アルコール度数も一般的な清酒よりは低めで造られていることが殆どですので、気軽に飲めるお酒ですよね。

 

最近は海外から入ってくるお酒がちょっとしたブームになっていますが、日本国内の梅酒や柚子酒といった、オリジナルのお酒への注目度も結構あると思います。こちらのクライアントの商売も繁盛へ向けて進んでいけば嬉しいですね。

 



インターネットを使い、日本酒や焼酎、ワインを販売したい方にお勧めのページ