お酒のボトルに彫刻をして販売するビジネスの開業

投稿日:2014年11月5日|投稿者名: 中野 |2595 回閲覧

『お酒のボトルに彫刻やペイント等の装飾をして販売したい!』

こういったニッチでユニークなビジネスは素晴らしいですよね。

 

DSC05148

(以前、私達がサポートしたクライアントさんから頂いた貴重なボトル)

 

普通に酒を売るのではなく、付加価値を足してから販売するという発想が凄いですよね。数年前に僕達も始めてこのような装飾をして酒を販売するプロジェクトをサポートした時は、結構驚いたというか、そういう世界もあるのか!と気づかされたのを今でも覚えています。

 

 

贈り物に素敵なボトルのワインや日本酒

 

ギフトシーズンや、誕生日プレゼント、サプライズなどなど、大切な方へ贈り物をする時って結構ありますよね?いつもとは異なる、思い出に残るようなギフトをしたい・・・、そういった時に、「装飾された酒」を送るのは良い思い出になると思います。

 

事実、僕達もクライアントさんの免許取得のサポートを終えた際に、サプライズで頂いたボトルを見て、「とても嬉しい気持ち」になりました。とにかく、見入ってしまいます。そして、飲んだ後も、ボトルを記念に取っておきたいという、特別な気持ちになるんですね。これは、とても不思議です。

 

勿論、こういったサービスが人気の場として、「結婚式」もありますよね。ご結婚される2人へのサプライズも良いですし、逆に新郎新婦から来場された皆さんにお渡しする(飲んでもらう)ケースもあるようです。

 

 

ネット販売なり、小売をするなら免許は必要

 

勿論の話ですが、仕入れた酒に装飾をする、しなくても、「酒を販売する」のであれば、免許が必要です。実際に取得時にコストはかかりますが、一度取得してしまえば、後はお客さんのニーズに応えて、付加価値の高い酒を売る事が出来れば、ある程度直ぐに免許取得費用は回収すると思います。

 

「希望小売価格」が決まっている商品は、殆どのお店が同じような値段で販売していますよね。つまり、皆さん大体同じような利益を取っているという事です。むやみに安く売ってしまえば、自分の利益は減りますし、価格設定は難しいところですよね。

 

安く売るのではなく、付加価値を創造し、装飾サービスの利益を得る事が出来れば、それは既存の一般的な酒販店に比べると、物凄い差があると思います。そして、サービスを利用される、お客さんも、とても喜ぶWin Winな関係を築けると思います。

 

もしも、お酒のボトルへのデコレーションをして販売をしたい!

とお考えであれば、一度お気軽に相談をしてみませんか?

いつでも、お気軽にどうぞ!!

 



インターネットを使い、日本酒や焼酎、ワインを販売したい方にお勧めのページ