ワインのネット販売開始に向けて気を付ける事はありますか?

ワインをネット販売する起業を考えています。
まだどんなワインを扱うか等の具体的なプランは無いのですが、
ネット販売開始に向けてどの様な事を気を付ければ良いでしょうか?

ネットショップでワインを販売するためには、
通信販売酒類小売業免許」の取得が必要となります。

 

ご自身で海外から輸入したワインを販売したいとお考えである場合も
免許がなければ「商品の仕入(輸入)」自体が出来ませんので、ご留意ください。

 

さて、免許取得に関してですが、取得の前提として、
ある程度ビジネスに具体性があることが求められます。

 

もちろん、免許を取得するまで実際の販売は出来ませんが、
免許を申請する段階で少なくとも以下については目途をつけておくことになります。

 

  • 仕入先
  • 販売予定銘柄
  • 販売方法

従いまして、まずはどんなワインを扱うかについて、ご検討いただければと思います。

 

 

<仕入先について>

ご自身の事業ですので、基本的に仕入先や商品選定等にルールはなく、
自分が販売したいと思うワインを扱っていただくのがベストだと言えます。

 

ご自身が気に入った商品から仕入先を見つける方もいれば、付き合い(面識)がある仕入先の中で商品を決めていく方もいらっしゃいますが、いずれにしましても、ご自身で選択する、ということは皆様共通しています。せっかく起業をされるのですから、お客様に紹介したいと思うワインをセレクトしていただければと思います。

 

 

<販売予定銘柄について>

日本国内の輸入会社(インポーター)や卸会社等からワインを仕入れる場合や、
ご自身で直接海外から輸入するといった選択肢がありますが、
いずれにしましても事業開始時に扱う「商品銘柄」をハッキリとさせる必要があります。

 

銘柄が決まってきますと、仕入れ価格も分かり、それに基づき販売計画を考える事が出来ます。免許申請時には、この販売計画の内容も具体的である事が求められます。計画を考える事で、自分の考えているネット販売ビジネスもより明確になりますので、とても大事なポイントとなります。また、銘柄選定の際は、「商品名+ビンテージイヤー」もしっかりと把握される事をお勧めします。

 

 

<販売方法について>

ネット販売といってもご自身で独自のネットショップを立ち上げる場合と、
大手インターネット企業が運営しているショッピングモールの様なサイトへ出店する形が考えられるかと思います。どちらを選ぶか?または両方のサイトを並行して運営するか等の検討が必要になります。

 

独自でネットショップを立ち上げる場合は、サイトの構築費(デザイン・システムなど)が結構かかってくるかと思います。消費者がネット上で買い物をするという事は安心感も大事ですので、決済システムをどうするか?も重要です。また、ネットショップの立ち上げがゴールではなく、立ち上げ後も商品や情報の追加等、運営作業が出てくると思いますので、ネットショップのシステム自体が自分にとって使いやすいものなのかどうか?もポイントですね。

 

ネットショッピングモールへの出店をお考えの際は、運営会社よりサービス案内等の情報収集をされるのが第一歩かと思います。こういった大手企業のサービスの良い所は、毎日沢山のユーザーが買い物をしているので、自社運営のネットショップに比べ、集客がしやすい傾向があるという点です。また、認知度の高いモールへ出店する事により、消費者としてもカード決済への安心感も高いと思います。ただし、モールによって手数料や月々のランニングコストも異なりますので、色々と比較をして出店の検討をされるのが宜しいかと思います。

 

 

以上簡単ではありますが、ワインのネット販売開始のご参考にして頂ければと思います。
弊社では免許取得の可否から、申請に必要なご準備等についてご案内しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 


arrow

■ご担当者様のお名前 (必須)

■メールアドレス(必須)

■電話番号 (必須)

■質問内容

■『確認』にチェックを入れて『送信ボタン』をクリックして下さい。

確認