自宅にある酒をネットオークションで売るにも、免許が必要?

実は自宅に何本か良いワインがあります。このワインをネットオークションで売れば、高値になるのかな?と考えています。そこで気になるのが、個人でネットオークション上で酒を売りたい場合は免許が必要なのか、どうかです。教えていただけますか?

自分で所有しているお酒を処分する目的でネットオークション等に出品することも、 広い意味では「販売」となりますが、この場合は免許の取得は不要です。

 

お酒の販売免許は、「酒類を継続的に販売する」ために必要となる免許ですので、 例えば自分で飲むために購入したワインをネットオークションへ出品し、 それが落札され代金を受け取ったとしても、そこで販売は終了するため、 「継続的な販売」には該当せず免許は不要、という結論になります。

 

但し、逆に言えばネットオークションでの販売であっても、 お酒を継続的に出品していくことは、ビジネスとしての販売業に該当すると 判断される可能性もありますので、その点は十分ご留意ください。

 

オークションだから良い、悪いではなく、 あくまで継続性があるかないかが判断のポイントになりますので、 単なる処分目的ではなく、お酒の販売で生計を立てていこうとする場合には、 免許の取得が必要となるでしょう。

 

ちなみに、オークションに限らず、フリーマーケットやバザー等への出品についても、 基本的な考え方は同じです。

 

弊社ではお酒の販売に関する様々なご相談に対応可能ですので、 どうぞお気軽にご連絡いただければと思います。


arrow

■ご担当者様のお名前 (必須)

■メールアドレス(必須)

■電話番号 (必須)

■質問内容

■『確認』にチェックを入れて『送信ボタン』をクリックして下さい。

確認