酒類販売管理研修を受ければ酒販売免許は取れる?

酒屋さん等での勤務経験はないのですが、
酒類販売管理研修という研修を受講すれば、免許は取得出来ますか?

結論から申し上げますと、酒類販売管理研修をご受講されたからと言って、
必ずしもそれだけで免許が取得出来るわけではありません。

 

酒類販売業免許の取得するためには、

「適正に酒類の小売業を経営するに十分な知識及び能力を有していること」

という要件を満たす必要があります。

 

この点に関し、酒類販売の経験が3年程度ありますと、基本的には上記要件はクリアしていると認められるわけですが、そういったご経験がない場合には、酒類販売管理研修を受講することで、酒類販売に関する「知識」については補うことが可能です。

 

一方、酒類販売事業を行うにあたっては、酒類販売に関する知識の他、「経営能力」も必要とされていますが、これについては研修受講でカバー出来るものではないためです。

 

経営能力については、例えばすでに自身で別の事業を行っている個人事業主さんや、会社の役員をされていた方は、認められやすいと言えます。また、実績のある会社も、この点については心配ないでしょう。

 

但し、上記のようなご経験がない方でも、
それだけで免許取得=酒類販売業を諦めてしまう必要はありません。

 

個別の状況に応じて対応策を検討することで、
免許取得への道が開ける場合もありますので、お気軽にご相談ください。


arrow

■ご担当者様のお名前 (必須)

■メールアドレス(必須)

■電話番号 (必須)

■質問内容

■『確認』にチェックを入れて『送信ボタン』をクリックして下さい。

確認