ウィスキー・ブランデー・ワイン等のお酒の買取業者さんのチラシ

投稿日:2014年1月21日|1643 回閲覧

つい先日、僕達の事務所の郵便受けにも入ってました・・・。

そう、『お酒の買取します!』というチラシです。

 

約1年くらい前からでしょうか、こういった買取・販売を行う会社さんを

テレビやネットで見かけるようになりましたね。

 

そして最近は、駅近くでも買取・販売をしているお店を見ます。元々は酒専門ではないようで、リサイクルショップのように、他の商品を扱っている会社さんが酒のビジネスをやっているケースが多いようです。また、フランチャイズで店舗によっては、こういった買取サービスをやっているところがあるようですね。

 

お客さんのニーズを的確に得て行っているビジネスなので、素晴らしいです。

こういったサービスは、きっとお客さんの声から生まれる商売なんでしょうね、きっと。

 

 

僕の実家の親なら、とても喜ぶ買取サービスなのは間違いない

 

実は両親は、殆ど酒を飲みません。。。

でも、知人やゴルフ仲間の方、仕事関係の方々から色々とギフトとしてお酒を頂く事が多いようです。

 

実家の納戸には、

  • ワイン
  • 海外のウィスキー
  • ブランデー

が化粧箱に入ったまま置いてあったのを以前よく目にしました。

 

そう考えれば、祖父の家とかにもそういうの多かったな~。

あそこはワインを貯蔵する専用のセラーもあったし・・。

今はどうなってるんだろう??

 

大事に大事に取っておいたら、お酒の存在を忘れてしまった・・・

なんて事は日本中いたる所で起きてる現象でしょうね。

特に海外物(洋酒)というのは、飲まずに取って置いてるご家族は多いのではないでしょうか。

 

僕の家族は、『頂いたお酒が売れる』なんて思ってもいないので、

普通に知人にあげる事も多いみたいです。

ビールなんて、宅配のお兄さんに『暑いんだから1本持ってって!』っと手渡すし・・。

 

そう考えると、こういったお酒の買取ビジネスというのは全国中で助かるサービスですよね。

最近ですとチラシが入ってくるので、認知度も上がっているのではないでしょうか。

 

 

結構高値で買ってくれる?

 

査定してもらう商品にもよりけりだと思いますが、ウィスキーや焼酎等の蒸留酒は、ワインや日本酒のように温度管理をガチガチにしなくても状態は良さそうですよね。アルコール度数も40度とかあれば、基本的にはそんなに劣化もないでしょうし。

 

ワインに関しては、基本的に高級なワインを持っている人って、ワインセラーに入れているとか、専用の部屋なんかがあって、温度管理をしている人が殆どではないでしょうか??

 

デイリーワインを査定に出す人はいないと思うので、コレクションするような有名なシャトーの、ヴィンテージワインの買取が多いのかな?って思います。

 

チラシを読む限りは、 『地域No1に挑戦!』的なキャッチコピーなので、

それなりに高額で査定してくれそうな、期待感はありますよね。

 

もしも、自宅や家族の家に隠れた良いお酒がある方は、こういった買取査定に相談してみるのも良いかもしれませんね!

 

きっと嬉しい事があるかも!?



【お勧め】ブランデー・ウィスキー・ワインの買取・販売ビジネスを始めたいとお考えですか?