ウィスキー輸入関税・酒税・経費について

投稿日:2014年10月26日|2866 回閲覧

『ウィスキーを輸入したいから経費の計算が必要』

 

輸入プロジェクトが具体的になってくると、次のステップは「数字」ですよね。

 

42

 

特に、貿易ビジネスの場合は

  • 商品価格(現地輸出価格)
  • シッピングコスト(国際輸送費)
  • 税金(日本通関時)
  • 日本国内のPortで掛かる各種費用(Logistics関連)
  • トラックデリバリーコスト(港~倉庫、または御社の事務所)
  • 裏ラベル、場合によってはパッケージコスト

実務的な話をすれば、こういった項目は頭に入れておく事をお勧めします。

 

 

各種税金には気をつけよう

 

輸入品にかかる税金については、色々と調べても良い情報が無くて、困っていませんか?

ややこしい計算や、あいまいな情報があるので、本当にどれが自分の輸入プロジェクトに当てはまるか、不安になりますよね。

 

僕達は今までに様々な輸入・輸出プロジェクトをサポートしてきているので、

貿易の実務について、「自分達だったら、こういう風に進めるな」というような

考えがあります。

 

まず、コスト算出はとても重要。

 

『実際に、貨物が到着したら、思った以上の支払いもあって驚いた!』

こんな事になってしまうと、販売先の会社・お店や、消費者にも迷惑が掛かってしまいますよね。

特に、皆さんは数字について、結構シビアだと思いますので、値下げは出来ても、値上げっというのは難しい場合が殆どかと思います。

 

そういった急な問題の発生を避ける為にも、僕達では独自に作った専用のフォーマットを使用します。これには、基本的に入力する項目が決まっているので、そこにLogistics関連のコストや、Exceller price、Btl#を入れていけば、自動的に3つの税金(関税・酒税・消費税)も叩き出し、最終的に輸入商品に対し、1本いくらのコストが掛かってくるか?が分かります。

 

その他にも、このフォーマットを使用する事で、自分が販売する際のプライシングの役にも立ちます。こういった、事前の準備をする事で、輸入時にスムーズに物事を進める事が出来ます。

 

特に、ウィスキーの輸入の場合ですと、度数の高いアルコール飲料ですので、

ワインより悪戦苦闘されている方が多いのではないでしょうか?

 

これからウィスキーの輸入ビジネスを始めるに当り、免許や輸入実務の事も含めて、一式相談してみたい場合は、是非お気軽にご相談頂ければと思います。




最新記事のご紹介
日本からウィスキーを海外の輸入会社へ輸出したい?

日本からウィスキーを海外の輸入会社へ輸出したい? 2016年9月27日 | 5842 回閲覧

海外の輸入者より引き合いがあるので、日本のウィスキーを輸出したい! という方もいるかと思います。   白州や知多、竹鶴などであれば飲食店でもよく見かけますね。   さてウィスキーの輸出についてですが、輸出が可能かどうか?というと、とても難しいです。特に大手メーカーさんの有名銘柄の輸出は難しいですね。個人的に1本ぐらいを海外の知人へギフトで送...

ウィスキー輸入関税・酒税・経費について

ウィスキー輸入関税・酒税・経費について 2014年10月26日 | 2866 回閲覧

『ウィスキーを輸入したいから経費の計算が必要』   輸入プロジェクトが具体的になってくると、次のステップは「数字」ですよね。     特に、貿易ビジネスの場合は 商品価格(現地輸出価格) シッピングコスト(国際輸送費) 税金(日本通関時) 日本国内のPortで掛かる各種費用(Logistics関連) トラックデリバリーコスト(港~...

ウィスキー輸入会社

ウィスキー輸入会社 2014年10月26日 | 2277 回閲覧

『海外からウィスキーを輸入して販売したい!』    実は、このようにお考えのご相談者って、今まで2006年からお酒の販売コンサルをやっている僕達の経験上とても少ないです。     少ないのですが、アルコール度数の高い酒を輸入したクライアントは、ニッチな市場を狙っているので、ワイン市場に比べると競合他社が少なく、それなりに良いビジネスをしているようです。 ...